営業 外回り 通勤 日焼け対策

営業・外回り・通勤の日焼け対策!絶対焼けたくない

営業の日焼け対策

  • 仕事上の都合であまり焼けをしたくない
  • 日焼けをすると困ってしまう
  • 外回りなどで日焼けをする時間が長い

という方は女性でも男性でも日焼け対策に力を割いていると思います。

 

男性・女性に外側から対策できること

 

以下では内側からの対策以外に外側からできる対策を紹介しています。

 

男性でも女性でもできる方法珍しい方法なども紹介しています。

 

  • 日焼け止めクリーム
  • 日傘
  • 長袖の洋服
  • UVカット効果がある洗剤

 

日焼け止めクリーム

営業の日焼け対策

このページを見ている方で日焼け止めを使っていない数はほとんどいないかと思いますが、日焼け止めは正しく使うことが大切です。

 

日焼け止めを塗ってもあまり効果がないと思っている方はもしかしたら量が足りない塗る回数は少ないなど使い方が間違っているかもしれません。

 

メーカーの推奨する量がとても多いようですが、SPFやPAの高さはそんなにたくさんの量を使った場合に計測されていますので、重ね塗りをするなどしてしっかり量を塗ってください。

 

そもそも営業や仕事の時に日焼けをするというは海に行く時ほど強い日差しではないのでSPFは35くらいでいいでしょう。

 

日傘をさす

営業の日焼け対策

男性には少し難しい方法ですが、日傘というのはとても大切な方法です。日傘をさせば頭皮や髪の毛に当たる紫外線も除外することができますし、熱中症の予防にもなります。男性にもぜひ使っていただきたいですね。

 

長袖の洋服ズボン

営業の日焼け対策

これは比較的男性でも行っている方法かもしれませんが、長袖長ズボンはおすすめです。暑いですが、直射日光を遮ることはできるのでできれば取り入れたい方法です。

 

ただ汗をかきすぎるデメリットもありますので、デオドラントなどを使いながら調節していく必要はあると思います。

 

UVカット効果のある洗剤を使う

営業の日焼け対策

最後に珍しい方法を紹介したいと思います。それはUVカット効果がある洗剤を使うことです。シャツ一枚で過ごすことがあるかもしれませんが、その時に薄いシャツだと下まで焼けてしまうこともあります。

 

UVカット効果のある洗剤というのでシャツなどを洗うとUVカット加工をしていないものでも紫外線を遮る力が付きますので、仕事でかなり焼けてしまうという方は一回使ってみる価値があると思います。

 

 

以下では仕事での日焼け対策にプラスして行いたい内側からのケア方法について紹介したいと思います。

 

内側からの対策とは

 

内側からの対策というのは最近話題になっている飲む日焼け止めというサプリメントを摂取して対策する方法です。

 

このサプリメントは紫外線カットする効果はないのですが、飲んで体の中から皮膚に浸透していき日焼けをした時のダメージを緩和するという効果をもっています。


 

飲む日焼け止めが日焼け対策に効果的なポイント

  • 1日1回飲むだけだからとても簡単
  • 浴びすぎた時の対策もできる
  • しみやたるみなどの肌老化をサポートしてくれる

 

1日1回飲むだけだからとても簡単

営業の日焼け対策

仕事をしている方はとても忙しくて日焼け対策に長い時間が割けないと思います。

 

それで日傘などは簡単に出すことができますが、両手がふさがっている時もありいつでも使えるとは限りません。

 

それで日焼け止めを塗ることがほとんどだと思いますが、日焼け止めというのはお化粧した上につけて化粧崩れた時に直すのは大変ですし、汗をかくと流れ落ちてベタベタとしてしまいます。シャツにシミがつく場合もあります。

 

飲む日焼け止めは飲むタイプなのでそのようなでデメリットがなくすぐに飲むことができて1日1回で良いのでとても簡単です。忙しい方におすすめです。

 

浴びてしまった後の対策にもなる

外回りが長かった時紛争などで日焼けをたくさんしてしまった時浴びてしまった後のケアを何とか効率的にしたいことがあると思います。

 

そういうときに一般的に行われるのは水を使って肌を冷やしたり保湿ローションなどを使って肌のダメージを和らげたりすることです。そしてビタミンCをとるのがいいと聞いたこともあると思います。

 

飲む日焼け止めはビタミンCのように抗酸化力が強くて紫外線のダメージを緩和することができます。それでうっかり仕事であげすぎてしまった時にアフターケア的に使うこともできます。

 

しわやたるみなど肌老化をサポートする

仕事の都合上で日焼けをしたくない方はしわやたるみなど肌が目に見えて老化してくることを避けたいのではないかと思います。

 

しわやたるみなどが多いと男性でも女性でも老けて見えますし、相手に良い印象を与えないと思います。

 

そんな紫外線の肌老化をサポートしてくれるのが内側から対策するのも日焼け止めの成分。

 

シミやシワの原因は活性酸素だといわれていますが、その活性酸素をコントロールする力があり50代が40代になった時にシワやシミがたくさんできないようにサポートする効果が期待できます。

 

おすすめ飲む日焼け止め

以下では仕事や仕事上の都合でなるべく日焼けをしたくない方日焼けのダメージを緩和したい方に効果的な飲む日焼け止めサプリを3つピックアップしています。

 

内側からの対策もプラスしたいという方はチェックしてみてください。

 

ホワイトヴェール

成分量と値段の釣り合いが取れていて人気のサプリメント

 

営業の日焼け対策

 

ホワイトヴェールは値段と成分の量が釣り合いが取れていてとても人気がある飲む日焼け止めです。

 

仕事で日焼けをしたくない方はもちろん1日中外で活動している学生さんや海などに行くときに徹底的に紫外線対策をしたい方にも活用されています。

 

使われている成分はニュートロックスサンと呼ばれている日焼け専用の成分です。

 

それ以外にも肌の老化をサポートしてくれる成分日焼けに効率的な成分がたくさん使われていてさらに費用もそれほど高くないのでかなり人気があるサプリメントです。

 

ホワイトヴェールの公式サイト

 

 

 

やかないサプリ

日焼けをする前に対策をしておくサプリ

 

営業の日焼け対策

 

やかないサプリは日焼けをしたくない時に飲んでおくサプリメント。成分には日焼けのダメージに対抗してくれる抗酸化力の高い成分が5種類使われていて、さらに美肌に良い成分やピトールのような美白をサポートする成分も含まれています。

 

やかないサプリを使う方はアウトドアやレジャーなどの方もいますし、営業で外回りをする方、海に行き方など様々な方が活用されています。

 

費用が一番安くてすみ一回だけ試してみることもできるので内側からのケアってどんなものなんだろうという方でも気軽に注文することができます。

 

やかないサプリの公式サイト

 

 

 

インナーパラソル

ニュートロックスサンがたくさん配合されている飲む日焼け止め

 

営業の日焼け対策

 

インナーパラソルはニュートロックスサンという日焼けのサポート成分でメインの成分が250mg含まれています。
このサプリの特徴は成分ががっつり配合されていることで全部の成分の成分量が公開されています。

 

ただしその代わり値段もお高め。本格的にインナーケアをしていきたい効果を高めたいという方に向いているサプリメントです。

 

インナーパラソルの公式サイト

 

 

やはり見た目は重要

見た目より中身が大事だといいますが、営業や仕事のことが絡んでくるとそうもいっていられません。

 

やはり見た目で第一印象は決まってしまいますし、肌があまりあげすぎていたり年齢よりも多いシミやシワなどがあるとイメージがあまり良くないでしょう。

 

外側からの対策もガッツリやりつつ内側からの対策もプラスすることでそんな日焼けトラブルを避けることができるのではないでしょうか。