海 営業職 黒くなりたくない

海行きたいけれど営業職で日焼けが心配、黒くなりたくない

それで紫外線の占める割合が5%なのに体育会や運動会で肌が真っ赤になってしまうようなそれほどの影響を及ぼすのです。
海行きたいけれど営業職で日焼けが心配、黒くなりたくない

 

この紫外線Bは真皮までは届かないのであまり影響がないと思われがちですが、消費に強いダメージを及ぼします。

 

肌が黒くなるもとになりますしシミの原因にもなります。

 

細胞傷つける作用もあり皮膚がんになってしまうとも呼ばれています。

 

しかし波長が短いことから洋服を着たり日傘をさすなどでかなりカットすることができます。

 

あまり美白化粧品を使いたくない日は外出することがない日など、余り他の人に顔を見せない時はなるべく化粧品の負担をかけたくないと思います。

 

そういう時に化粧品なしで家にいるとどうなるかというとやはりガラスを突き抜けても入ってくる紫外線への影響を防ぐことができません。

 

ですので、家の中にいても窓ガラスがあって外側から明るい光が差し込んでくるならUVケアをする必要があります。

 

しかしUVケアといってもいつもと同じようなUVケアをする必要はなく肌を休めたいという時は簡単な対策方法があります。

 

まずパウダーを使うというのがおすすめです。

 

パウダーファンデーションは肌への負担が比較的少なく酸化チタンという成分が含まれているので日焼け止め効果が期待できます。

 

日焼け止めを塗ったら

その上に紫外線カット剤を使わなくてもパウダーファンデーションだけを使うとさらに効果が高くなるという報告もあります。

 

お医者さんの話によると皮膚を美白する時にレーザー治療することがありますが、パウダーファンデーションの粉が残っているとうまくレーザーを当てることができないと嘆いている人もいます。

 

それぐらいパウダーファンデーションは光を反射してくれる効果が高いのです。

 

日焼け止めだけを塗るぐらいならパウダーファンデーションをしっかり取った方が日焼けしにくいといわれるほどです。

 

使い方は肌にのせるときに全体にぬります。

 

シミが出来やすい所は大野に重ね塗りした方が良いと思います。

 

UVカット成分が入っているパウダー周り優秀なものでは沢山重ね塗りしても分厚く粉を塗ったようにならないのが特徴です。

 

休日で人に会う機会がないような日はパウダーファンデーションを使って紫外線のケアをすれば良いのではないでしょうか。

 

生理前はシミやシワたるみに注意する

1ヶ月の間でホルモンは増えたり減ったりしますが、生理前は特に注意が必要です。

 

生理前には黄体ホルモンという別名物ホルモンと呼ばれているホルモンが多く出ています。

 

このホルモンの分泌が盛んになると紫外線への感受性がアップし日焼けをすることが強くなります。

 

同じ量の紫外線を浴びても濃くやけてしまうということです。

 

それ以外にニキビが出来たり肌が荒れたりするというのは誰でも感じていることだと思いますが、そのような時にUVケアや化粧品をたくさん塗ると肌荒れを起こして大変なことになってしまいます。

 

それではどうしたらいいのかというと肌の負担を減らしてカット効果を強めるためにパウダーファンデーションを重ねたりすることが挙げられます。

 

UVケアは食べ物でも改善できる

UVケアは化粧品だけでなく食べ物からでも行うことができます。

 

それはビタミンCをたくさん撮ることです。

 

ビタミンCはシミの予防になる成分で抗酸化力が強くメラニンの生成を抑える効果も期待できます。

 

そのため美白化粧品にビタミンC誘導体が含まれていることが多いのもそのためです。

 

口から取った場合も肌への影響をしっかりと受けることが出来食べ物から取ることが推奨されています。